【体験記】「添削」ってこんな感じ【ネイル通信教育】

こんにちは、母しながら通信講座でネイリスト検定2級取得&

ネイルブログも2年目突入のpeipeiです。

 

 

 

 

 

通信教育の添削ってどんな感じ?
私はヒューマンアカデミーの通信教育を受講しネイリスト検定2級まで
ストレート合格しました!
今回は
私が受講していたヒューマンアカデミーのネイル講座の添削はどんな感じだったか
を体験談や口コミを交えてお伝えしたいと思います。
受講を検討している方の参考になればうれしいです。

ヒューマン「たのまな」のネイル添削はハンド模型+チップを送る

ヒューマンアカデミーの通信講座を「たのまな」と言います。

その中のネイル講座、私は検定3、2級対応のコースを受講していて
「ネイリスト検定コース」は教材・添削・サポートなどがあって、\99750でした。

 

その「たのまな」での添削は

主に

・ネイルチップを付けたハンド模型

・添削用ノート

を送り

先生に評価・アドバイス指導をノートに書いてもらう、というものでした。

 

勉強と添削の流れ

勉強の仕方の一例としてですが

 

1)DVD&テキストを見る

2)ハンド模型にネイルチップを付けてDVDの通り練習する

3)「添削課題」をネイルチップに施して、添削用のノートと一緒に郵送し添削してもらう

 

ハンド模型の送り方

ハンド模型はプチプチでくるんで、さらにクッション付き封筒に入れてから(教材についてくる)

自分の受講番号のバーコードシールを貼って

新宿のヒューマンアカデミーの通信教育専用のセンターに

宅急便か郵便で送ります。

 

梱包材やバーコードシールは教材に含まれています。

私の受講していたコースでは5回添削があるので5回分入っていました。

送料は自己負担です。

60サイズくらいですので

お住いの場所にもよりますが、だいたい送料は1回700円~1000円前後かなと思います。

添削の日数は1週間くらい

添削が完了し手元にハンド模型と添削ノートが宅急便で再度戻ってくるまでは

1週間~2、3週間かかります。

 

その間ハンド模型を使った練習ができないので

筆記試験の勉強をしたり、チップスタンドを使って練習したりしていました。

提出期間を念頭に置いて添削に出す必要がありますね。

「添削課題」とは何がでるか?

私の受講していたコースの場合ですが

添削課題の一例は

・「チップを『ラウンド』にファイリング後、赤にカラーリング」

・「中指にフラワーアート」

等でした。

添削の頻度は約、月に1回

・検定3級受験までに2回

・検定2級受験までに3回

つまり、通信講座受講中に計5回の提出がありました。

 

これは最低頻度であり、

合格ライン以下の評価がつくと

再提出になります。

 

添削の頻度としては月に一回くらいが目安という感じでした。

添削ノートには先生からのアドバイスが書き込まれ、とても良かった!

各項目自分が施した「ファイリング」「カラーリング」「アート」等にそれぞれ評価がA~Eの5段階で付きます。

これ+、先生からのコメントが付きます。

先生にもよりますが結構提出ノートにびっしりと、たくさんつけてくれます。

 

また添削ノートにはこちらからの質問もかけるので

質問を書くと丁寧にお返事をくださいました。

この先生とのやりとりが思った以上に丁寧で驚きました!(上から目線w、すみません!)

ノートを介してのやりとりなので、シャイな人にも通信教育はおすすめ!

ヒューマンアカデミーの通信教育は通信といえど、JNA認定講師の先生が

添削してくれます。

なので検定対策にはもってこいですよ。

添削ノートには、「ここは良い」「ここはできていない」と、はっきりと書いてくれますので

「できていないのはわかるけど直接指導されると傷つく~(;;)」というようなタイプの方や

「聞きたいことがあるけど大人数のクラスで質問する勇気無い…」という方にも

通信講座は大変おすすめです!

 

↓資料請求無料です
たのまな

通信講座の添削のイメージがなんとなく伝わっていたらうれしいです。

このブログではほかにも「通信・検定」のカテゴリで

私の体験談を書いているので良かったら読んでみてくださいね!

 

関連記事↓

【実録】ヒューマンアカデミー」の通信講座・勧誘がしつこいの?【ネイリスト検定】

足の爪の垢やごみを取る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました