フレンチネイルが絆創膏やガイドテープを使ってもうまくいかない人へ

こんにちは、丸爪・チビ爪・伸ばせない爪でもネイルを楽しみたいpeipeiです。
超不器用な私のフレンチラインの書き方
※今回はマニキュアに限ります。
ジェルが肌につくとアレルギーの原因になるのでこの方法は、やめてください。

フレンチネイルってガイドテープとか絆創膏使っても上手くいかない!

私,超不器用なのか
フレンチネイルをするときのいわゆる「裏技的」な
・絆創膏とか
・リング穴シールとか
・ちゃんとした専用のフレンチラインのガイドテープを使っても
うまくできた試しがない…
皆さんできますか?涙)
境目をラメでごまかせばいいんですけど
ラメ使いたくないデザインのときもあります。
そして私はチビ爪、深爪だと、お肉をおさえながらラインをひいても
指についちゃいます。
ガイドテープなども
お肉と爪のサイド部分に密着できず
上手くいかないんです。

やや雑だけどおすすめは「あとから修正方式」

ひとつ前の記事
のときの画像で、淡い色でやってるので見にくくてすみません。
よく見るとわかるんですが
指にめっさついてます。
以下きれいにラインを書くポイントです。
(やはり白でやりなおし、写真を取り直しました!!)

①筆にマニキュア液をやや少なめにとり

指につくとか気にしないで、強引にラインを描きます。

爪のサイドラインの部分(端)をとくにお肉を抑えて綺麗に書くことです。
このときお肉にマニキュアがつきますがあとで拭くので気にしない。
②何度か上書き修正することを前提に少量ずつマニキュアをつけて、ラインの幅やガタツキを調整
➂2~3回重ねてラインをはっきりさせたら、マニキュアが指に付いた部分や
爪の脇の部分を
リムーバーをしみこませた細いウッドスティックで拭い取る
(うっすらコットンをわたあめみたいに巻き付けるとよい)
細いウッドスティックの作り方はこちら↓
爪の隙間に入り込んだマニキュアも取れるので
薄く削ったウッドスティックは非常におすすめです。

ウッドスティックには直接リムーバーを染みさせてもよいし

少量のコットンを巻き付けるとなおよしです。

溝に差し込んで(?)きれいに拭いましょう。

固まっちゃうと取れにくいので固まる前に拭うとよいです。

どうでしょうか、結構きれいにできました。

あとから修正すれば大丈夫!

気の持ち用ですが
「あとから修正する前提」で書くと
緊張しないかもしれません!(ほんとかよ)
ドロついているマニキュアだとうまくいかないので
薄め液等使用して適切な粘度にしておきましょう。

 

あと細いスティックをぜひ作ってください。
以上が、ガイドテープも絆創膏もマスキングテープもリング穴シールを使っても
上手くいかなかった私が
なんとか全集中でフレンチライン書いている方法です。
とはいえまだまだ改良の余地ありですが。
お互い頑張りましょう…奥深いフレンチネイル…。
少しでも参考になればうれしいです。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
在宅でネイル資格の勉強!
私はヒューマンアカデミーの通信教育でネイリスト検定2級を取得しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました