「SIGNO」でお絵かきネイルやってみた

こんにちは、母しながら通信講座でネイリスト検定2級取得&
ネイルブログも2年目突入!のpeipeiです。

 

 

 
 

 

 

極細のSIGNOというゲルインクペンがセルフネイルにめちゃ使えるらしい
先日友人に、ネイルにトトロを書いてほしいと言われましたが
お見知り置きのとおり(知らんよ)
細かいアートは大の苦手です。

 

(言い訳)筆がボールペンみたいだったら書けるんだけどさ〜

 

じゃぁペンでいいから

 

え!
まさかの!

 

確かにまぁ、セルフネイルの範囲なら
何使っても自由だし
学生時代、「ペンで書いてトップコートしたよ~」とか
「マスキングテープ貼ってトップコートしたよ~」
とか
枠にとらわれないネイルが流行ったりしたもんだ。

 

ということでネットで検索すると
特にシグノ(SIGNO)の0,28mmという
極細のゲルインクペンが、ネイルにかきやすいみたい。

おすすめはSIGNO 0.28mmというペンだそうだ

 

 

 
 

 

 

早速購入
近所のキャンドゥにありました。

 

あ〜なんかノート取るの凝ってた学生時代に持ってたかもこれ!
昔はペンポーチにパンパンにペンを突っ込むのが流行りでさ
今思うとそんなにどう考えてもペンいらんやろマンガ家か?
といいたくなりますが
そもそも、こんな話は置いといて。。。(すぐ脱線する)

 

爪に弾かずするする書ける!

 
 

 

 
 

 

 
 

これはマニキュアの上です。

 

ジェルなら、未硬化があると書けないので
マットコートを一層敷いてから書くと書きやすい。

 

おお!弾かずにスルスルかけます!
こりゃいい!

 

何を書いているでしょう。

 

 
 

 

 
 

 

 
 

ミッキーです。絵が下手なのはさて置いても
筆で書くよりはるかにうまいです。(私の絵心基準で)

 
 

 

 
 

 

 

流行りの柄も、一発!

 

色の濃さも均一で先の太さも均一。
ジェルや絵の具の付け足し要らず
これは便利!


「ゲルインクペン」でアートするときのポイント

 

①マニキュアが乾いてから書くこと(ジェルなら未硬化がない状態にする)
②書けたらしっかり乾かすこと
③乾いてから必ずトップコートすること
④トップコートはアートを引きずらないようサッと軽く塗る

 

ペンなのでね、しっかりトップコートしないとすぐ擦れたり取れてしまいます。
なるべく早めにトップコートしましょう。

 

白や他のカラーもあったので
上手に取り入れたら
手書きアートが苦手な方も
セルフアートの幅が広がりそう!

 

チビ爪ショートネイルに、セルフに操作性良くピッタリ

自分の爪なんて、小さくて小さくて
筆だと何か書くのは一苦労。

 

でもこれなから準備要らずでサッと細かいラインがかけて
とっても便利でした!
おすすめは0.28mmという極細さですね。

 

あまりの操作性の良さのおかげで、上手くなったような気分になれるので
気分が良く練習できます(笑)

 

ぜひ試して見てくださいね。
おすすめ記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました